胸にシコリを見つけた時の 乳ガン検査、かかる時間や手順、費用など

ある日、右胸にシコリを見つける。不安にかられたので、近所の乳腺外来がある病院(複数)にネット予約を入れようとする。

しかし、どこも2週間後まで予約でいっぱいで空きがない。

でもあと2週間も放置するなんて…もし急成長するタイプだったら?癌だったら?小さな子供達はどうするの?と不安の嵐。

もう一度複数の乳腺外来に今度は電話を入れ、状況を説明しお願いすると、その中の1つの病院から折り返し連絡があり「待ち時間は長くなるけど診ましょう。」とのお返事をいただいた。

スポンサーリンク

2日後

初めて受診する病院だったので、まず問診票に記入。

それから待合室でドキドキしながら1時間。

ついに医師呼ばれる。

問診・触診

はじめは問診と触診、その後マンモグラフィとエコーの順番で検査するとの説明を受ける。

その時役に立ったのが、2ヶ月前に受けた健康診断結果でした。数ヵ月前のエコーやマンモグラフィの検査結果や血液検査、病歴の情報などがまとめて記載されているので、余計な検査は省いてもらえました。

6ヶ月以内に健康診断を受けたのなら、検査結果を持参することをおすすめします。

マンモグラフィ

上からと横から限界まで胸を挟みます。

私は胸もほぼ筋肉なので、マンモグラフィは毎回息苦しくなるほど痛いですが、命にはかえられないのでグッと我慢です。

今回シコリのある右側は再度念入りに2回づつ撮っていました。

エコー

胸にジェルを塗り、これまたシコリ部分を入念に調べてくれました。

シコリはちょうど胸の一番下の境目にあったので、これまた念入りに画像を記録してくれていました。

これで終わりかな~と思っていたら、エコーの担当者が「先生にも診てもらうので呼んできます。」と席をたちました。

嫌な予感…。

そしてなかなか来ない先生。

扉の外がなにやらバタバタし始め「針持ってきて~。」と先生の声も聞こえる。

この時点で「今からネットで見た細胞診ってヤツをするんだな!」

「これは癌だな!」と思いました。

通常、細胞診は麻酔なしで行う事が多いようですが、心の優しい先生は痛くないようにと麻酔して下さいました。

エコーでシコリや石灰化の部分を確認しながら、採血サイズの注射針の中に細胞を入れるためグイグイ動かされます。

本当に部分麻酔してもらえてよかった。

そして今日の検査は終了。

着替えた後で診察室に呼ばれ、1週間後に結果が出るから、それをもって大きな病院に行くように勧められる。

検査の結果、クラス1・2は良性3はどちらか分からない、4・5は悪性

どんな結果が出たとしても、大きな病院には行って下さい。と言われました。

費用

初診料+細胞診もして6000円弱でた 。

待ち時間の1時間を省いたら、検査自体は40分程で済みました。

筋肉おかあちゃん人生最大のピンチです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする