貝塚公園、撮り鉄も満足、紅葉も楽しめる無料の遊び場

11月下旬、西鉄貝塚駅の目の前にある「貝塚公園」に行ってきました。

スポンサーリンク

アクセス

車でも電車でもどちらでも行きやすい場所にあり、幼児連れでも移動の負担が少ないです。もちろん駐車場も入場料も無料ですのでお財布の負担も少なくて良いと思います。

ただ初めて行く人には駐車場の入口が分かりづらいかも。

公園入口に駐輪場があるんですが、その横の砂利道が駐車場の入口になります。

一見、何か工場の入口のようですね!

そして駐車場入ってすぐには公園で遊ぶにあたっての注意事項などが書かれています。

公園内

めずらしいのは「貝塚公園」は子供たちに交通のルールを学んでもらうというコンセプトで建てられているので、公園内のあちこちに信号機があります。

もちろん交通ルールは守らなくてはいけませんので、歩行者用の信号が赤の時は立ち止まりますw

公園内を走るゴーカートはなんと格安の1回50円ですが、1日一人一回(4歳から)と決められています。
コースは意外と長く一周が631m、1人用のカートですので幼児は親が付き添って走行しなければなりません。

出発前に係りの方から信号や標識のルールを教えてもらいます。

かなりリアルな運転体験ができます。

もちろん他にも遊ぶ場所はたくさんあり、数十年前からある大きなすべり台(?)や幼児も楽しめる動物の形をした遊具もあります。

ただ何故かどれもコンクリートで出来ているので、少しでも頭や足をぶつけたりするとかなり痛いです。

そしてこの遊具の周辺には大きな木が多く、秋は紅葉を楽しめます。
夏はこの木々のおかけで日陰ができるので、敷物さえ持っていけば良い休憩場所として重宝します。

そしてなんとってもこの公園は真横に西鉄貝塚線が走り、出入りは自由なので、電車が好きな子供も親も公園遊びに少しあきたら、カメラを持って迫力のある電車の写真を撮りに行けます。

貝塚駅からは貝塚線はもちろんですが、地下鉄も出ていますので、時間があれば1~2駅乗ってみるのも楽しそうですね。

公園内にも鉄道好きにはたまらないSLの先頭車両や寝台車も展示してあり、外側からですが見学することができます。

遊びに行った日もたくさんの子供たちが記念撮影をしていました。

子供と思いきり遊べて、鉄道好きなら1度は行ってみたい公園です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする