「トンネル萌」猿島にある「愛のトンネル」たんぽぽ川村はトンネルを見たら衝動を押さえられない!

「工場萌」に続き「トンネル萌」も出現。

たんぽぽ川村が「トンネル」の魅力にハマっているようだ。
トンネルがあったら入りたい衝動にかられるらしい。

6月5日の「もしかしてズレてる?」でその「トンネル」の魅力を紹介していた。

番組ではたんぽぽ川村が足しげく通っていたトンネルを紹介。
はっきり言って常人だと入るのも怖くなるようなトンネルで、一車線しかなく狭くて暗い。
電気はついているものの赤い光りを放ちおどろおどろしい。
そのトンネルへと軽い足取りで入っていくたんぽぽ川村さん。

ここは「走水トンネル」という名で、明治9年にヴェルニーというフランス人技師によって作られた物だそうで、たんぽぽ川村さんは壁などを丁寧に撫でながら楽しんでいる様子。

この「走水トンネル」がある横須賀はなんとトンネルの数が日本一。
横須賀トンネルマップよると、その数は150ヵ所も!
すでに観光名所にもなっている。

そして「トンネル萌」のたんぽぽ川村さん曰く、トンネルを歩いているとになれて、全てを忘れられるらしい。
最近失恋したたんぽぽ川村にはトンネルは最大の癒しになっているそうだ。

トンネルはよく心霊スポットとして紹介される事が多いが、彼女は「トンネルは暗いが、最後は必ず光につながっている」みたいなことを言っていた。
いい考え方かも(笑)

そして実は無人島にデートスポットとなっているトンネルがあるようで、たんぽぽ川村さんそちらにもおじゃまする。

横須賀から船で10分ほど走ると着く「猿島」という無人島。
この島は第二次世界対戦中「要塞」として使われてた島です。
観光客も多く無人島でも危なくない様子。

この猿島にあるトンネルは照明がなくカップルが自然と手を繋いで歩くことから通称「愛のトンネル」とよばれているそうだ。
レンガでできているようなお洒落なトンネルで、とても綺麗なトンネルでした。

今までは怖~いトンネルしか知らなかったので、これからは違う視点でトンネルを楽しむのもいいかも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク