【衝撃】井川遥が幽霊!仲間由紀恵は携帯音声!貴族探偵の豪華な脇役

月曜ドラマの「貴族探偵」は相葉雅紀くんや武井咲ちゃんが推理で争うコメディー感満載のドラマです。

5月22日に放送されたお話では、私の大好きなメイドの田中が今回は「ミヤネ屋」風のパネルに挑戦。
他の使用人たちも「ミヤネ屋」風で統一していて、実際に「ミヤネ屋」に出れそうなくらい正確に再現されていていましたw

▲ミヤネ屋で有名なスライドパネルを中山美穂が再現。

▲使用人の佐藤と山本が「現場中継」のような感じを再現。

どちらも面白い。

スポンサーリンク

衝撃事実

しかし今回最大の衝撃は、なんと言っても喜多見切子が幽霊だったこと!
喜多見切子は主人公の高徳愛香の先輩探偵&恩人です。
ドラマではいつも探偵事務所で高徳愛香を勇気づけてくれて、それでいてフッと姿を隠すミステリアスなオーナーでした。
確かにフッと姿が見えなくなったりしてましたが…まさか幽霊だったなんて。
ドラマのストーリーが飛んじゃうくらいの衝撃でした。
しかもその喜多見切子の事故死に貴族様が関わっている感じだし、面白いのに深いドラマです。

「貴族探偵」は1回目の放送で、仲間由紀恵がまさかの携帯音声役ということで話題になりました。
あの実力派女優を「声」だけの役にしか使わないだなんて…もったいない。
と誰もが思っていましたが、次は井川遥が幽霊役だったなんて、こちらもなんだか勿体ないですよね。

しかも今回、喜多見切子(井川遥)が幽霊と判明した以上、次回からもう出て来ないんじゃないかという懸念もあります。

「貴族探偵」というドラマは実力派がなぜか脇役という前代未聞のドラマではないでしょうか。
大女優、中山美穂も使用人(メイド)役だしねw
ここではあえて主演の方の演技力をどうこう言うのは控えさせて頂きますが、個人的な意見として貴族様は「素」が貴族のような及川光博さんなどが良かったと思ってしまうのは私だけでしょうか?
ともかく次回からの展開が気になりすぎる「貴族探偵」から目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする