ワインラム!満天☆青空レストラン今回は絶品料理だらけで食欲をそそる!羊最高

5月6日の「満天☆青空レストラン」は山梨県富士吉田市の「ワインラム」
名人の藤田太一さん曰く、山梨県は日本一のワインの産地だそうで、そのワインの搾りかすを食べて育った羊の事を「ワインラム」と言うそうだ。

ゲストはプロレスラーのオカダ・カズチカさんとレイザーラモンRGさん。
大輔はオカダ・カズチカさんの大ファンということで、のっけからテンション高め。

そんな賑やかな雰囲気のなか訪れたのは、名人藤田太一さんの牧場「ふじさん牧場」
顔が黒いサフォーク種という羊を大事に育てている。
サフォーク種は成長が早い種類の羊たそうだ。
そしてラム肉とは生後1年未満の羊肉の事を言い、この羊が向いているのだそう。

ふじさん牧場ではエサにもこだわっていて、
稲科とマメ科の干し草を与え栄養に気を使っている。それプラス「ワインの搾りかす」も1日1回与えています。
名人のラム肉へのこだわりを感じます。

スポンサーリンク

ワインラム料理

・ワインラムのたたき
名人イチオシだそうです。
側面に焼き目を着けたらすぐにスライス。
ワイン塩なる物を添えたら出来上りです。
噛めば噛むほど旨味が出てきて箸がすすんでいました。

・ワインラムの赤ワイン煮込み
こちらの料理は富士吉田市の「レストラン アラジン」のオーナーシェフが作ってくれました。
ワインのロースと人参とたまねぎ、セロリとニンニクをボールに入れ、赤ワインとバルサミコ酢で一晩漬け込む。
そしてまず汁だけを鍋に入れカットトマトを加えたら加熱。
ラム肉には塩コショウして両面を焼き、先程の鍋に入れる。
粒コショウとタイム、ローリエを入れる。
肉を焼いた残り汁で残りの野菜と椎茸を炒めたら鍋に投入。
その後2時間煮込み火を止めたらバターを加え出来上り。
かなり美味しそうな一品でした。

・ラムの肉巻き
ワインラムのバラ薄切りにミョウガと大葉を交互に乗せ、きつめに巻いていくだけ。
あとは塩コショウして焼きます。
梅肉とぽん酢を混ぜたソースをかければ出来上りです。
先程の一品もこの肉巻きも「乾杯料理」でいいぐらいのお料理でした。

・ワインラムのハム
これはそのまま食べても美味しいそうです。
ローストビーフみたいと表現されていました。
そしてこのハムを焼いたら、また違った味わいでステーキのようだそうてす。

・ワインラムのチーズカツレツ
これが今回の乾杯料理です。
ラムチョップに塩コショウ、小麦粉をまぶし、マスタードと卵黄を混ぜた物をまんべんなく塗り、最後にパン粉に粉チーズ、タイムとローズマリーを混ぜた「香草パン粉」をつけて低温の油で揚げたら出来上り。
ソースはボールにキウイ、リンゴ酢と塩コショウにオリーブオイルを入れ混ぜるだけ。

さっぱりとした中にもガツッと肉の旨みが楽しめるんだそうです。

ワインラムやハムはまたまた番組HPで発売中てす。
なかなか家庭の食卓に羊が出てくる事はありませんが、今回の満天☆青空レストランを見たら、家で羊肉料理をしてみたくなりました。
我が家は「赤ワイン煮込み」に決定です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする