雪解け牡蠣「満天☆青空レストラン」生駒ちゃんのファッションが…(泣)

4月29日の「満天☆青空レストラン」は岩手県陸前高田市の「雪解け牡蠣」

手間隙かけた牡蠣の養殖方法や激ウマ料理が紹介された。

今回の名人は「佐々木洋一さん・学さん」という親子。
前髪のみを金髪にしている学さんに早速ツッコミがはいり、本当はYouTuberさんじゃない?と聞かれる場面もw

今回のゲストはタイムマシーン3号の二人と乃木坂46の生駒ちゃん。
タイムマシーン3号の関太さんは前々から「満天☆青空レストラン」への出演を懇願していたようで、今回夢が叶って大喜び。
大輔さんとも知り合いだということでノリノリでした。
一方、いつも可愛くて謙虚な生駒ちゃん。
今回も少し控え目でお話しています。
しかしどーしても気になってしまったのがファッション。
カーキー色の大きめアウターと白地に黒のラインが1本入ったジャージパンツ。
生駒ちゃんアイドルなのに…。
どうみても浪人生(メンズ)のいでたちで、可愛いオーラ零!
絶対にスタイリストさんにのワナとしか思えない服装にショック。

その後、牡蠣の養殖見学の為に乗船するのですが、この時のファッションは紫系の女の子っぽいアウターに防水パンツという生駒ちゃんらしい服装になりました。
しかし安心したのも束の間、陸に上がるとまた先ほどの浪人生ファッションに戻ってしまって…何か勿体ない出演でした。

話を雪解け牡蠣に戻しましょうね。

岩手県陸前高田市の「雪解け牡蠣」がなぜ春に美味しいかというと…

スポンサーリンク

美味しい理由

広田湾のすぐ近くには山が連なっていて、この山々にはまだ雪が残っているのだそうだ。
そして春になるとこの雪が解けて川に流れ込み、この水がたくさんの栄養をふくんでいる為、湾内の植物プランクトンが育つ。
そして陽の光りで水温も暖かくなり爆発的に植物プランクトン増える。
その栄養たっぷりのプランクトンを牡蠣が食べるのでこの時期の牡蠣はプリッと太って美味しいんだそうだ。

しかも養殖の途中の段階で、ひとつひとつの牡蠣が大きくなれるように間引きするんだそうだ。

そして驚いたのが、夏場になるとこの養殖中の牡蠣を70℃の熱湯に10秒ぐらい浸けて、一緒にくっついている殻の薄い生物を駆除する。

出荷前の最後のひと手間は、2年かけて育てた牡蠣を海から引き揚げひとつひとつ切り離す。
そしてカゴに移し替えてもう一度海に戻す。
そうすることによって産卵モードになり身を太らせていくそうだ。
そうした先人の知恵のおかけで、大きくて美味しい牡蠣が食べられるんだね。

生で食べた大輔は「後味がウマイ」と目を見開いていました。
そしてこの激ウマ牡蠣を使った今回の料理は

  • 牡蠣の天ぷら
  • 牡蠣の焼きなめろう
  • 牡蠣と塩辛のアヒージョ
  • 牡蠣のバーニャカウダ
  • 牡蠣入りクラムチャウダー
  • 雪解け牡蠣の辛味噌炒め

    満天☆青空レストランのHPには「雪解け牡蠣」と「牡蠣のバーニャカウダ」は販売しているそうです。

    この「雪解け牡蠣」は1つでお腹一杯になりそうなぐらいのボリュームで味も濃厚なので食べたい!けどまたまたネットでは既に完売なんだろうな。
    来春まで我慢するしかなさそうだ!

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする