糖化が老ける原因?!甘党は癌になる!若返るにはどうしたらいいの?

4月17日「主治医が見つかる診療所」で特集された糖と油の話の中で「糖」についての衝撃の事実が判明。

ここでいう糖とは砂糖、果糖、炭水化物のことです。
そしてこの「糖」が老化を促進しているんだって。

日常生活の中で糖を食べることは避けられないけど、摂りすぎてしまうと、余分な糖がタンパク質と結合して、体内で「糖化」しAGE(老化の原因物質)がたまってくる。
それが老化や生活習慣病の原因になるから、糖をたくさん摂取すると老ける仕組になってるんだって…これ確実に今の私!

スポンサーリンク

糖化は老化

もともと糖は筋肉や脳のエネルギーとなる物質だけど、糖とタンパク質と体温によってさっきも言ったAGE〈終末糖化産物〉となり老ける老けるどんどん老けていくんだって。

糖化によって体内のタンパク質が茶色く硬くなるので、それが肌の黄ばみやクスミの原因にもなり、この糖化がすすむと5~10歳は老けて見えるって言うから怖いよね。

AGEは体内のどこの部分にでも溜まるため、骨に溜まると骨粗鬆症のリスクもあがるんだそうだ。
そして血中に溜まると動脈硬化につながるっえ言うから「糖」のとり過ぎって危険なんだね。
肥満とかよりこっちの方が短時間で命に関わるから用心しないといけないね。

それとこの糖化の状態がすすむ原因の1つにお酒と煙草も関わってくるそうだから、食物ばかり気を付けていても仕方がないね。

そうそう平均睡眠時間が6時間以下の人も糖化が進みやすくなるそうなので気を付けましょう。

そして乳腺外科の南雲医師が恐ろしいことを言ってたよ…体内には常に5千~7千個のガン細胞が存在していて、このガン細胞は糖が大好き。
だからを摂ってる最中にガン細胞がどんどん増殖してしまうらしいんですよ!

このひと言で目の前のシュークリームを食べるのやめましたw

ここまで「糖化」の怖い事ばかりを書きましたが、ここからは糖化を防ぐ対処法です。

1)食後の血糖値を上げにくくする

サラダを最初に食べると血糖値が急激に上がるのを抑えるのは有名な話ですが、それに加えタンパク質と一緒に脂質を摂ると緩になるんだって!これは意外だったからびっくりしました。
例えば「素うどん」より温泉卵入りのうどんの方が血糖値の上昇は緩になるし、白米をただ食べるよりは肉をのせて「牛丼」とかにした方がいいんだそうです。

2)糖とタンパク質の合体を防ぐ

ヨーグルトの上澄みの液が糖化反応を抑える作用があることがわかってきたそうです。
この上澄みは乳清と呼ばれ、もちろん乳酸菌も良いそうですよ。

とにかく食事で糖化を防ぐには炭水化物を単独で食べない事らしいです。
素うどんや白米、食パンだけとかは避けましょうね!

長生きしてなるべく長い期間「甘いもの」を食べていたいので、これからは糖を摂取するとき工夫しよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする