入学祝いのお返し「相場やマナー」期間や贈って喜ばれる品は?

4月は入園や入学の時期ですね。

子供や親も新しい環境に慣れるために毎日頑張って過ごしています。
そして、時間に追われる中でうっかり忘れてしまいがちなのが、入学祝いなどのお返し。
後で思い出して焦らない為にも、相場やマナーだけでも頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

お返し期間

お返しを贈るにあたって一番大切なのが「期間」です。
基本は入園、入学してから1ヶ月以内だそうです。
近所の人や、よく会う人に贈る場合はギリギリでも間に合いますが、遠方の親戚や友人に贈る場合は、前もって注文してから日にち指定で届けてもらうと「うっかり」がなくていいですね。
ちなみに相手が祖父母の場合、一番喜ぶのは孫の「晴れ姿」なので、お手紙と新しい制服姿の写真などを同封すると凄く喜ばれると思います。

相場 マナー

お返し額は地域によって差があります。
特に田舎では風習などがありますので、それに従うのが一番いいでしょう。
ここで記載するのは一般的な相場です。

基本的には「お祝い金」の1/3です。
ただ中には「出産祝い」のように1/2の額の物を返したり、反対に1/3より低い金額の物を返したり、その辺は状況に応じてといった所でしょうか。
でもまあ、あからさまに金額が分かるような物は避けた方が良いのかもしれませんね。

そしてマナー違反なのが「お祝い金」より高価な物を贈ったり、本人や家族以外から「お返し」を返されること。
どんなに相手の方に感謝してようが、お返しの期間が過ぎてようが、やはり「お祝い」をくれた相手の気持ちを考えて「お返し」するのが大切です。
一筆添えるだけで「ありがとう」が伝わるので、字が書ける子供なら「お手紙」を書いて同封するといいと思います。

お返しの品

最近は「選べるギフト」も種類が豊富なので、贈った側も貰った側も一番心配しなくていいのがこれです。

しかしご高齢の方は、商品を選んでハガキを出すという事が凄く面倒と云われる方も多いです。
なので、視力や歩行する力が弱ってきている人には「商品券」やお菓子などが好まれるようです。

他には現金や消耗品を贈る方もいるようですが、消耗品(洗剤やタオル)は好みがありますし、使わない物をもらうと場所もとります。相手の好みがハッキリと分からないなら消耗品は避けた方が無難です。

現金でのお返しは喜ばれるそうですが、個人的には賛成しません。
何だか味気ないというか、あからさまというか…。
もし私が入学祝いをあげた相手から「現金」が返ってきたら戸惑います。「ん?えっ?」って感じかな。

まとめ

お祝いをくれた相手、もらった金額、住んでる地域などさまざまですが、お手紙が入ってて迷惑だと思う相手はいないと思います。
心こもったお手紙に商品が付いてた、ぐらいで丁度いいんじゃないでしょうか?

ただ期間は頑張って守りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする