「怒り新党」最終回で美女2人の涙、新番組「かりそめ天国」で天国のような穏やかさを要求される有吉とマツコ !

3月29日に最終回を迎えた「怒り新党」では「新・3大」全245作品の中から人気が高かったものを紹介。

選びぬかれた作品ばかりなので、最終回であることも忘れ楽しんで見ていました。

途中ラストお菓子として出てきたのが「萩の月」でした。
こちらは担当の女性が最後だからと一番好きな物を用意したそう。
涙する担当の女性に有吉くんが、今まで食べたり食べなかったりしたことを謝罪していた。

そして番組も終わりにさしかかり、何となく有吉くんもマツコさんもいつものテンションよりやや低め。
やはり寂しい気持ちがあるのかな?
個人的には夏目三久さんにも出てきて欲しかったがそれは叶わなかった。

番組放送開始から6年間に視聴者から届いた「怒りメール」は23万8037件にも及び、その中から1208件が番組て紹介されたそうです。
この数に有吉くんは驚いていた。
そして、番組を始めた時よりも世間の人が怒っている感じがすると言い6年間をふりかえっていました。
そしてマツコさんは「もう怒れない」と言い。有吉くんは「怒っている人を見ると恥ずかしい」と笑っていました。
マツコさんもこの意見に同意。

最後に青山アナに感想を聞くと「取り繕って好かれようとするよりは、自分らしく行って嫌われてみようと思えるような番組でした。」と述べマツコさんの「私は貴方好きでした。」との言葉に涙を流していました。

最後は有吉くん、マツコさん、青山アナの順番で画面からいなくなって「怒り新党」に幕が下ろされました。

スポンサーリンク

新番組

そして4月5日(水)からは「マツコ&有吉 かりそめ天国」となって新しい番組がスタートします。
有吉くんとマツコさんが初めて「かりそめ天国」のスタジオに入ると、そのには久保田直子アナが!
白とゴールドで雲の上のような雰囲気のセットにイマイチ乗り気じゃない有吉くん達。
セットに足を踏み入れませんw
印象が180度変化した新番組も楽しそうです。
天国にいる天使のように穏やかにトークする予定の「かりそめ天国」。しかし有吉くんとマツコさんじゃそうはならない予感です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする