松居直美の息子が不登校、小4は小学校へは行かず!原因は?

20日の松居直美さんのブログで、息子の直樹さんが小4~小6は小学校に行かず、中学校に進学してからも行ったり行かなかったりが続いた、いわゆる不登校だったと告白した。

スポンサーリンク

「あー春休み。」

とタイトルが付けられた投稿には、春休みの思い出として、この時期になると息子の直樹さんは反抗が強くなり困った。というような内容を書いていました。そして後でわかったこととして、春休みは「不安」が強くなるのがこの反抗の原因であることが理解てきたという。それからの松居直美さんは、反抗の理由がわかったため寛容になれたそうだ。

なぜ不登校になったのかには触れていませんでしたが、小学校で何かがあったのだろう。

それと小学校6年生の時に出会った「home education」ホームエデュケーションがとても良かったと言っていました。
この「home education」とは学校に通学せずに、家庭に拠点を置きながらも、外の教育機関で過ごすこと。
とても似た言葉でホームスクリーニングというのがあるが、こちらは家庭の中で学習する方法です。

最近では不登校になった子供たちの為に勉強を教えてくれる場所が増えてきたし、認知度も上がってきたので親にとってもいいでね。
子供たちも学校に通えてないという引け目を感じずに、他者との関わりも持てるし、次に本格的に社会に出る時のギャップも少なくて済みそうです。

松居直美さんの息子の直樹さん、高校にも行き今では穏やかに過ごしておられるようです。
ブログでも

春休みはけっこう大変だったよねー。

あの頃を考えると、今は随分と気楽です

と気持ちを綴っていました。

子育ての悩みは尽きることが無くて、とても暗い場所に親子で陥ってしまうこともありますが、こうやって乗り越えた人の話を聞くことで救われることも多いです。

松居直美さんすごく頑張ったんだろうな。
同じ母親として尊敬しちゃう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする