サホライド我が子の場合…予想外の後悔

先日2歳の娘にむし歯がみつかりました。
前歯の間の裏側でした。
歯医者さんからは、まだ2歳で削ったりなどの治療が困難なことや、進行を遅くしたいとのことで「サホライド」を進められました。

詳しい説明では

  • 幼児のむし歯の進行をストップすることはできないが、かなりスピードを遅くできる。
  • 治療が簡単で痛みもない。
  • ただサホライドを塗布したむし歯の箇所は黒くなる。

との事だったので、むし歯の進行が緩やかになって痛くないならとOKしました。

そして

スポンサーリンク

1回目サホライド塗布

もちろん痛くないし、綿棒で歯をちょんちょんされているだけなので、娘は泣くこともありませんでした。
そして帰宅。
前歯の間が多少は黒くなっていましたが、個人的に気になるほどではありません。
そして次の日には前歯の間が真っ黒になっちゃいましたが、説明も受けていたので見た目は悪いが仕方ないか。
と思ってもう一度娘の前歯をみると「ん?」右の前歯に海苔がくっついている。
「あれ?とれない!」
「うそっ、これもしかしてサホライド?」

1週間後にもう一度サホライド塗布だったので、歯医者さんに聞いてみると「前歯のここもむし歯だったんだね」とおっしゃいました。

歯の間とか世間一般的に「むし歯」ってわかる場所が黒くなってるのは皆さん理解してくれますが、予想外の場所が黒いと初対面の大人とかがびっくりするんだよね。
しかも最近お洒落に目覚めた娘は鏡を見るたびに「なにこれ?」と気になるみたいで。

でも「サホライド」って削らないかぎりは取れない。
もう少しネットとかでサホライドの画像見たりしてからサホライドに踏み切れば良かったなぁ。
と少し後悔している母ちゃんです。

これからどうするかというと、来年幼稚園に入園するまでには、と言うかなるだけ早く見た目にはわからない程度に戻そうと思います。
今までは歯科&小児歯科を行っている近所の歯医者さんに通っていましたが、小児歯科専門で内装も子供向けの歯医者さんにかえるつもりです。
治療前に実際に使う器具などを子供と一緒に触ったりして、治療への恐怖心が無くなるまで付き合ってくれるそうです。

子供も親も後悔しないように、よく吟味しながら今後の治療をすすめていきたいと思います。
また進展があったら治療の様子を書かせてもらいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする