子供の花粉症とpm2.5対策、アレルギー性結膜炎の症状

子供の花粉症の症状

今や子供の花粉症はよく聞く話になりました。5歳~9歳の13.7%、10歳~19歳の31.4%もの子供が花粉症ではないかと考えられています。もちろん赤ちゃんだって花粉症になります。
症状は大人と一緒で、鼻水や鼻づまり、くしゃみや涙目です。
特に子供は鼻づまりの症状が出やすく、寝ている時に常に口を開けていたり、起きている時にも口が空いていたら要注意です。

そして子供の花粉症では大人のそれとは少し症状が違い、鼻水に粘り気があります。
我が子もそうですが、外出時に鼻や口をモグモグするのも見分けるポイントです。

子供の場合は目に症状が出やすいのも特徴で、白目の充血や目の回りのむくみ、かぶれの症状があれば早めに受診したほうがよいかも。
これらの症状で、大人もそうですが子供も眠りの質が悪くなり、日中ボーッとしてしまうこともあるので、とにかく大人がよく観察してあげてるといいですね。

花粉症を発症している時期はpm2.5にも反応しやすくなり、症状は似ていますが、喉の症状が出やすくなる気がします。

何科を受診?

結論からいえば小児科でま耳鼻咽喉科でもどちらでもOK。
ただ鼻づまりがひどい場合は耳鼻咽喉科に行くとネブライザーや鼻の洗浄をしてくれるので多少は呼吸が楽になります。
しかし中には耳鼻咽喉科の鼻洗浄が怖いと訴える子供もいます。我が二人の子供もそうです。
だから子供の負担が少ない方を選んだ方がいいかな。

飲み薬はどちらも同じような種類を出されますが、個人的な意見として小児科の方が「1日2回の薬にしてください」とか「シロップにしてください」逆に「粉でお願いします」など要望にすぐ応じてくれるのが助かります。
顆粒タイプの薬は水を混ぜてペースト状にも出来ませんし、せっかく受診したのに、粉も水薬も無いといなれば、その後の与薬が本当に大変です。

小児科と耳鼻咽喉科どちらを選ぶかは子供の様子をみてか決めるのがいちばんです。

予防と対策

大人には花粉症に効くお茶やサプリメントなどがありますが、赤ちゃんや子供にはさすがに躊躇してしまいます。
なのでここではそれ以外の対策を書きます。

  • 症状がある時は外出は最小限に
  • どうしても外で遊ぶ時は午前中
  • 上着は玄関ので優しくはらう
  • つばのついた帽子やマスクを着用させる
  • 帰宅後は必ずうがいと手洗をする
  • 消化の良いものを食べる
  • 全身の保湿も忘れずに!

どれも家や体内に花粉を入れない為のものです。特に最後の肌の保湿は大切です。
花粉症になっている子供にはアレルギー体質の子が割りと多い。
このアレルギーは肌が乾燥した部分に物質が触れたり入ってくることによって炎症が始まる事が多いので、逆に言えば肌さえしっかり保湿されていれば、花粉症の予防と対策ができるということになります。

子供は自分で症状を把握したり、お薬を買いに行くことはできないので、周りの大人がしっかり子供の様子を見て、少しでも快適にこの時期を過ごして欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク