【爆笑】平子夫婦話第2弾「さんま御殿」で大暴走!真由美さん愛が凄い!

1月17日にの「踊るさんま御殿」に登場したアルコ&ピースの平子祐希さん(38)と奥様の真由美さん(36)の夫婦愛がすごかった。
二人は平子祐希さんが芸人になる前からお付き合いされていたそうで、出会った当時は真由美さんは22歳だったそう。

2016年11月に平子祐希さんが「さんま御殿」に登場した際に夫婦愛を熱弁し、たくさんの名言と爪痕をのこしていましたが、今回もたくさんの新事実にさんまさんが「それグリーンランドの民話?」と聞き返してしまうほどの夫婦愛エピソード満載だった。

平子祐希さんはとにかく奥様の真由美さんが大好きでたまらないようだが、真由美さんもまた夫のことが大好きで、家で食事をしていると急に真由美さんが「幸せすぎる」と泣き出すそうだ。半年に1回ぐらいは幸せすぎて泣いているという話を聞いて、さんまさんも唖然としたが「女の人を幸せすぎて泣かせるなんて素敵やな~。」と平子さんに感心していました。

そしてさんまさんをはじめゲストの皆さんをドン引きさせたのが「平子家の動物設定遊び」なんでも甘えたくなったら夫の祐希さんは「ピーッ」といって子豚になるそうで、真由美さんもそれに応えるべく子豚の鳴きまねでかえすそうw
そしてどちらかが悪いこと、例えば相手のヨーグルトを食べた時なんかは「森の裁判」が開かれるそうで、その裁判での判決で「小鳥のチュッチュ」などこ刑を言い渡されるそうです。
この判決内容にゲストからは「それ刑なの?」と疑問視する声があがると、可愛くつねるという刑を夫婦で披露し再びさんまさんを唖然とさせた。


見た目はとても綺麗な真由美さんだが、年を重ねるごとに体型やしわなど自身の衰えをとても気にしているという話が出た時に、夫の祐希さんが「自分や子供と過ごしてきた、積み重ねた時間なのだから気にしないでほしい。」と言うとさんまさんやゲストのみなさんが素晴らしいと絶賛。
真由美さんもとても嬉しそうな表情をしたのが印象的でした。
そんな感動もつかの間、平子夫婦のキスの話になり「最近は夫の顔が少しずつ世間にしれてしまって、外でキスができない」と真由美さんが打ち明けるとさんまさんが「じゃあ、今もキスしたいの?」と聞いたところ、平子夫妻がお互いに目を見合わせたのでさんまさんが「ここではするなよ!」大慌てする場面もありました。
そして「何でそんなにキスしたいの?」と真由美さんにきくと「そこにあるからし・た・い」と今度は奥様が名言をはいた!するとさんまさんが「それグリーンランドの民話?」と突っ込みを入れ大爆笑となりました。

いやー本当に平子夫婦おそるべし、夫婦愛を真剣に語っているのに面白すぎる。
さんま御殿の後半はほとんどは平子ワールドだったような気がします。
これからは平子祐希さんアルコ&ピースとしてではなく平子夫妻としてTVに出ることが多くなりそう。
この夫婦が出る番組は絶対面白そうなので要チェックですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク