バイキングでの山田邦子さんの発言にショック!育児も介護も孤独んだよ!

12日に放送されたバイキングでの山田邦子さんの発言が母親達の怒りをかっている!

    ちょうど講談社の編集次長が妻を手にかけてしまった事件について、容疑者が育児休暇を経験したときのTwitterで「育児休暇中、主婦の方々のほうがずっと大変だと思いました。孤独だし、達成感がないし、ずっと締め切りに追われてる感あるし」と綴っていました。

    この書き込みに対して山田邦子さんは「子供と一緒にいて、孤独とか達成感ないとか思う?」「一番幸せな時間を過ごしているのに、ここがもう病気と…」発言。

    この発言ハッキリ言って母親達の反感をかわないわけがない。だってほとんどの母親が子育ての中で「孤独と達成感のなさ」は経験してるから。
    確かに子供を育てる時間は「幸せな時間」なんだけど、心からそう思えるのは嵐が過ぎ去ってから。
    子育て真最中の時は、孤独と達成感のなさに加え、寝不足からの体調不良やイライラもあり、しかも24時間営業で休日無しだし!
    この状態が数年間…。
    その辺のブラック企業よりもブラックですよ(笑)
    でもこの状態をどうして乗り切れるかというと、やっぱり子供が可愛いから。
    愛しているからなんだと思います。

    ここで育児が孤独だと感じてしまう瞬間をピックアップ。

    • 気づいたら数日間、大人と話をしていない(幼児と宇宙語の会話のみ)
    • 公共の場で子供が騒ぐと冷たい視線にさらされた
    • 自分が病気になっても誰も看病してはくれない(子供たちは大暴れ、散らかし放題)
    • 一番辛いのが「仕事してないの?(楽でいいね)」の一言かも。「タダ働きを全力でしてますけど何か?」

        次は達成感がないと思う瞬間

        • 栄養、彩りを考えて毎日ご飯作っても「美味しい」とは言ってもらえないが「おいちくなーい」とはすぐ言う
        • 大量の洗濯物を猛スピードで干しても驚いてくれる相手がいない
        • 掃除機をかけ終わった床に牛乳をばらまかれる
        • やっと寝かしつけに成功したが、1時間後に起きる
        • 次から次に仕事が増える、山積み

        どうしても時々、育児に孤独や達成感のなさを感じてしまう私は、山田邦子さんからしたらやっぱり病気なのかな?
        これって介護も同じだと思う。
        私の場合は、祖母の介護を先に経験してからの子育てだけど、我が子を育てながら「あぁ、介護の時も同じような気持ちになったな」って思う場面が何度もある。
        お金と時間と預け先、あとメイドさんがいたら解消できるかもね。

        でも山田邦子さんの発言に共感はできないけど理解はできる気がする。
        と言うのもまたまた私事ですが、不妊治療の経験者。
        不妊で悩んでいたときにスーパーなんかで子供を怒鳴る母親を見て「せっかく母親になれたんだからもっと子供に優しくすればいいのに」と思ってた。「子供を授かっただけでいいじゃない!」「幸せって気づいて」ってね。
        でも息子が5歳になった頃には、私がスーパーで子供を叱ってた(笑)

        山田邦子さんの「一番幸せな時間を過ごしているのに…」っていう発言は本当に子供が欲しかった人の発言だと思うから、「病気」って言うのは言い過ぎだと思うけど、何か同情しちゃうな。

        人それぞれ立場が違うから意見も違って面白いんだけど、山田邦子さんにはもう少し柔らかな言葉で言って欲しかったな。

        スポンサーリンク

        シェアする

        • このエントリーをはてなブックマークに追加

        フォローする

        スポンサーリンク