スープストック「七草粥」1月7日に「1日限定販売」瀬戸内産の真鯛入り!

2017年1月7日(土)スープ専門店のスープストックtokyoが1日限定で「瀬戸内産真鯛の七草粥」を販売する。
本来は七草粥に鯛は入っていないが「めでたい」という事から瀬戸内産を使用。
渦潮に育まれた天然の真鯛をふんわりと蒸しほぐし、骨は香ばしく焼きダシを取り、鯛の旨みがたっぷり味わえる粥になっているそうです。
カブの葉と椎茸を添えて見た目も上品でスープストックらしい仕上がりになっています。
トッピングで生姜あんと三つ葉もつけてくれるので、味の変化も楽しめて最後まで飽きずに完食できそうです。

1/2(月)~1/6(金)の期間に販売している「瀬戸内産真鯛の鯛粥」に(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)を加えたものを「七草粥」として販売するそうなので、当日食べれないないと言う方は市販の乾燥七草を「鯛粥」に入れてもいいかも。
レギュラーカップ単品の価格は630円です。
自炊ではなかなか鯛の骨を焼いて出し汁を作ってお粥なんて作らないので、このひと手間かけてくれている「七草粥」は魅力的。

他にも「白玉入り黒胡麻ぜんざい」も販売中でこちらも気になっています。
定番の「オマールエビのビスク」もいいけど、新しいこと(味)に挑戦してみてはいかがでしょうか。

それとスープストックtokyoの本社で月に数回「おいしい教室」というのが開催されていて、1月6日(金)は「七草粥と日本のだし」がテーマです。
鶏だんごを使った鍋を作りながら、毎日のダシの取り方や旨みの重ね方、ご飯を炊くときのコツなどを教えてくれすそうです。
持参する物はハンドタオルだけで、エプロンや筆記用具などはおいしい教室で用意してくれるので便利です。
参加費は4000円で七草のお土産付きです。
各回、定員が8名なので少々狭き門ですが、機会があれば参加したいです。
スープストックtokyoをFacebookやTwitterでフォローすると次回のイベント情報などを受け取れるので、どうしても参加したい「おいしい教室」のテーマがある場合は前もってフォローすることをおすすめします。

お正月に暴飲暴食をしてしまったあなた!胃にやさしいスープで心と内臓を癒してはどうででしょうか(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク