お年玉の相場、年齢別の平均金額、親戚の子と友人の子では金額が違う?

年末になると毎年悩むお年玉の金額。
あげた子供に「少なっ!」と思われるのも嫌だし、あげすぎると相手の親御さんに気を使わせてしまう。
親戚だと親同士が事前に相談というのもありでしょうが、久々に会う友人の子供や上司のお子さんの場合ほんとうに悩んでしまいますよね。
そこで年齢別の金額やポイントなどを簡単にまとめてみました。

0~3歳の場合

0円~1000円
自分の子供の場合はあげなかったり、代わりにお菓子や小さな玩具をあげる人が多いようです。
親戚の子供の場合は「500円」というのが圧倒的に多いです。
ただ上司、仕事関係のお子さんには「お札」をと言う事なのでしょうか「1000円」となっています。

4~6歳(未就学児)の場合

500円~1000円
この年齢の子供はお金をもらうという事を理解できているので、ちゃんとお年玉用の袋に入れて渡すと喜びます。
自分の子と親戚の子供は同じ金額にするのがベスト。子供同士で金額の話などをした際にグズグズを招くおそれがあります(笑)
このぐらいの子供はお札より重さ重視なので、500円玉2枚や100円玉10枚をあげた方がテンションが上がるようです。

7~9歳(小学校低学年)の場合

1000円~3000円
「1000円」「2000円」「3000円」と答えた人数はほぼ同じ。
1年生、2年生、3年生という風に金額を変えていく人もいれば、一律2000円という人もいてこの年齢がもっともお年玉の金額で悩む年齢層かも。
前後の兄弟や親戚の年齢も考えて、あまり周りと金額が開かないようにするのがコツだと思います。
ただ、さすがに「500円」と言うひとは少なかったので、子供に喜んでほしければ1000円以上で幼児よりも多い額をあげましょう。

10~13歳(小学校高学年)

3000~5000円
このぐらいになるとお友達と、お年玉の合計金額を争う子供もちらほらいますよね。
もう一人で買い物にも行けるので、自分の子であれば欲しがっているものを聞いて金額を決めるのも良さそうですね。
この年齢の場合は「3000円」と答えた人が一番多く、つぎに「5000円」となっています。
お正月だし「4」という数字は避けようと考えた人が多かったです。

13~15歳(中学生)の場合

5000~10000円
中学生の場合ほとんどが「5000円」でした。
1000円札よりもっと上のお札をもらったことで、ちょっと大人になった気分になるそうです(笑)
まだまだ子供ですね!

15~18歳(高校生)

5000~10000円
もらっている金額の幅は中学生と変わりませんが「5000円」と答えた人はぐーんと減って、ほとんどが「10000円」でした。
中学生で5000円なら高校生は10000円といったところでしょうか。
人数が多いと大人にとっては大きな出費になりますが、可愛い子供たちのために頑張るしかないですね(泣)

そして高校生以降ですが、0円~無限といった感じです。
就職する子や進学する子それぞれですので、基本的には社会人になったらお年玉終了。
大学生でももらっている子いない子さまざまです。
状況に合わせてどうするか決めるといいと思います。
例えば1人暮らしの場合なんかは出費も多いでしょうからお年玉を渡してもいいと思います。

1年の始まりの大切な日、子供たちが笑って過ごしてくれると、大人を幸せな気持ちにさせてくれますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク