ハナのお兄ちゃん

こんにちは。キラキラ2歳児ハナちゃんです。

今日は私のお家にいとこ達が来ました。お母ちゃんたら事前に知らせてくれなかったもんだから、久しぶりに会うのに寝起きでの登場となりました。

どうせ会うなら可愛いりぼんで髪むすんで、まぶたの腫れが取れてからが良かった。これを言葉にするのは難しかったから、30分ほど抱っこを要求し続けたわよ。

ところで親戚の幼児の中でもハナちゃんイチオシのひとつ年上のお姉ちゃんはとってもやんちゃで、大声を出して跳び跳ねてすごく元気です。1年前に初めて会った時は、聞いたことの無い大きな声と動きにドン引きしたけど今は慣れました(笑)

そしてうちのお兄ちゃんは年下に好かれるタイプみたいで、親戚中の幼児が優しくされたくて寄ってきます。いとこのお姉ちゃんも例外ではなくて「葡萄ちょうだい。」といってお兄ちゃんから「どうぞ」されていました。でもちょっとまった!その葡萄さっきお兄ちゃんが落としたやつじゃん!

ハナはお姉ちゃんに教えたくて「お兄ちゃんダメよーっ。」と言ったら、お母ちゃんやおばちゃんがハナちゃん嫉妬したのかな?って。いやいや、おばちゃんお宅の娘さんこの善人顔した人に落ちた葡萄をもらって食べようとしていますよ。しかしハナの叫びは届かず「パクッ」はい終了…。

お兄ちゃん悪意はないんだけど、こういうとこあるのよね~。ご飯の時も自分が苦手なナスとかキノコとかをハナちゃんのプレートに「これも食べて大きくなってね。」って恩着せがましいこと言いながら置くから、ハナは即効お母ちゃんに報告。「これお兄ちゃんが…」でお母ちゃん分かってくれるから助かるけどね。しかも笑顔で優しく言われるとついつい「うん」って返事しちゃうのよね。本当にタチわるいわ。

お母ちゃんは将来お兄ちゃんに速水もこみちみたいになって欲しいしみたいだけど、ピュアなもこみち君とはかけ離れた人物に育ってますよ。どんなに料理を教えても顔のパーツと素材が違いすぎる。お母ちゃん疲れてるのはわかるけど、しっかり目を開けてね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク