原発いじめ被害を受けた少年が手記を公表、代理人の弁護士が涙ぐむ場面も…

少年は原発事故後に引っ越した横浜で小学2年生から6年生になるまでずっといじめにあっていた。
引っ越してきた当初から名前に「00菌」とつけられ呼ばれていたそう。
その後年齢が上がるにつれて暴力もエスカレートし、階段などからつき落とされたりもあったそう。
3年生の時に1度不登校になるが、再び勇気を出して学校に行き始めた。しかし今度は「(震災の)賠償金があるだろう。」と金銭を要求されるようになり総額で150万円カツアゲされた。しかし驚くのはまだ早い、なんとこのカツアゲは学校も把握していたそうで、当時知らなかったのは少年の両親だけというから呆れて言葉も出てこない!

しかもそれを知った先生の対応は酷いもので、結局は被害少年が自ら彼らにお金を渡したと言うことで無理矢理解決したそう。おいおい!何処の誰が他人に150万円やるのよ!しかも子供が子供にですよ!?先生も学校も正気の沙汰とは思えない。自分の子供が同じ目にあってもこれで納得できるのか?

そして被害を受けた少年は再び不登校となり、彼の学ぶ権利は加害者や学校の先生、教育委員会のせいで奪われてしまう。

代理人の弁護士の話では、現在はフリースクールに元気に通っているが、まだ1人になるのは恐いようなので母親が送り迎えをしていますとのことだった。それでも少年の両親は「息子が元気ならそれでいい。」と話したという。

そしてこれらの内容を代理人の弁護士が話すさいに、少年が被害をうけている様子や少年の両親の愛情ある言葉に、鼻をすすり涙をこらえる場面があった。その姿にいっそう心がギュッと締め付けられるとともに、少年をいじめた者や助けを求めた少年の心を踏みにじった周りの大人達に怒りをおぼえてしまった。

ネットでも騒ぎになっているのこの出来事、加害者やその家族はどんな思いで見ているのだろう。心から反省して欲しいしと強く強く思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク