巻き爪(手)の手術

先日巻き爪の手術をしてきました。

指先への麻酔注射は痛いと聞いていましたが、思ったほどでもなくキレイになりました。

たしか3年ほど前から時々赤く腫れるようになった指先。

はじめはバイ菌でもはいったかな?と軽く考えていました。

でもだんだんと腫れる回数が増えていき、最近では年間の1/3は赤くぷっくりと腫れ、そのせいで爪に皮膚が食い込んでいる状態。

ちょっと壁やテーブルにあたっただけで痛みもでるようになり、さすがに皮膚科を受診。

やはりバイ菌かもしれないということで、ぬり薬の飲み薬をだしてもらい、水をあつかう時は手袋着用を徹底!

10日ほどで腫も痛みもなくなりました。

しかし1ヶ月ほどして、また少しづつ赤くなりはじめたので、残っていたぬり薬で対応したのですがゆっくりと悪化。

少し何かにあたっただけで「ズキッ!」と痛むし再び受診。

また飲み薬をもらい痛みは引いたものの、赤みはとれずに1ヶ月が過ぎた頃、お医者様より手術を進められました‼

予定では爪の片側だけを削るつもりでしたが、反対側も少し皮膚に食い込んでいるとのこと、今なら麻酔の追加もせずに費用もそのままとの説明を受けたので、そちらも削ってもらい手術は30分弱で終了。

削ると言っても、見た目的には爪を1㎜幅でカットしたような状態。

今は指の真ん中に長方形の爪がくっついている感じです。

術後2週間は毎日消毒にいかないといけないので、自宅から近い皮膚科での手術がいいですね。

3日間ぐらいは飲み薬の効果が弱くなると痛みもありますが、壁に触れただけでズキッ!としていた痛みに比べれば、たいしたことありません。

今では、もっと早く手術をしていたらと思います。

消毒が終わって、巻き爪と皮膚科受診から解放されるのが楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク